死の接吻 | zjfb4a | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

死の接吻

返信

別荘は玄關にも裏口にも固く錠が降りてゐた。そして、扉を叩いてみても、中はしいんと鎭まり返つてゐた。

「今晩は、今晩は‥‥」

 さすがに胸騷ぎを感じながら、カアルソンは二三度大聲に呼んでみた。が、答へるのは自分の聲の木魂ばかり‥‥。


ソフトバンク携帯公式サイト

投稿者 zjfb4a | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.